新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、

韓国ではキリスト教系異端カルトの「新天地」の礼拝にて

集団感染が広がったことで、教会に集まっての礼拝に対し

世間から厳しい目が向けられるようになりました。

それに加え、新天地は既存教会潜入系のカルト教団で

既存教会に感染者が入り込み、コロナウイルス感染症を

広げようとした可能性が高いと言われており、礼拝が

感染の舞台として利用される危険がある状態です。

手の前で心を合わせて祈るのが教会の役目ですが、

このような状況で、会堂に一同に集まる以外でも

協力しあい信仰を励まし合う方法があれば

神様もそれを望まれるだろうと感じています。

安倍首相の要請で学校も一斉休校になっており、

旭キリスト教会も当面の間、会堂での礼拝は休止し、

ネット配信や教会員へのCD配布などにより

礼拝を守ることとしました。

厳しい時期ですが、どうか皆様心を合わせ

励まし合って乗り切っていきたいと思います。

どうぞ引き続きお祈り下さい。