千葉県旭市のプロテスタントのキリスト教会

メッセージ音声

  • HOME »
  • メッセージ音声

※過去のメッセージはYoutubeページでも聴くことができます。また各メッセージの要約をPDFでダウンロードできます。ぜひご利用ください。

ハーモニー 2022年11月27日 讃美礼拝(小堀英郎兄)

詩編32編1b~2節
説教者:カギワダベン牧師

私たちは自分で心をきれいにはできません。
それができるのは、神様だけなのです。
私たちは誰もが、生きるために産まれました。
イエス様だけが、死ぬために産まれたのです。
私たちの中に神様とのハーモニーができる時、
世の中にあってもハーモニーを奏でられるのです。

 

試練の中の最善 2022年11月20日

マルコ5章21~24、35~43節
説教者:カギワダベン牧師

会堂司は祭司(ラビ)に雇われ会堂を守る仕事。
仕事も家も失っても、彼はイエス様に頼りますが
家につく前に娘は亡くなってしまいます。でも、
それが彼の本当の最善につながっていくのです。
私たちも、自分たちの希望する最善を祈りますが
全てを知る神が本当の最善を与えて下さるのです。

 

素直が一番 2022年11月13日 こども祝福礼拝

マルコ10章13~15節
説教者:カギワダベン牧師

子どもたちは本当に素直です。キャンプでは
多くの子どもたちがイエス様を受け入れます。
この時代、子供は価値がないと思われてましたが
イエス様はレッテルを貼りませんでした。
献金や知識で救われるのではない。子供のように
素直に神様の所に行こうではありませんか。

 

労するからこその祝福 2022年11月6日

ヨハネ2章1~11節
説教者:カギワダベン牧師

このころは披露宴は少なくとも1週間行い、
その間にぶどう酒を切らすことは恥でした。
水がぶどう酒に変わった時、その奇跡を
見たのは、水を汲んだ召使い達だけでした。
私たちも置かれたところで神に仕える時、
神様はその働きを覚えているのです。

 

人里離れたところで神に出会う 2022年10月30日 宗教改革記念礼拝

マルコ6章30~44節
説教者:峯野 慈朗牧師(独立新生葛飾教会)

イエス様は人里離れたところに行くはずが
先回りして男だけで五千人も集まりました。
店も何もなく、人の力では何もできないけど、
イエス様は集まったすべての人を満たされました。
十字架上ですべての人の罪を贖われたイエス様は、
全てのことができるのです。希望を寄せましょう。

 

なぜ戦争が起こるのか 2022年10月23日 講壇交換

ヤコブ4章1~10節
説教者:川崎 豊牧師(野田キリストめぐみ教会)

ロシアが今年2月24日に戦争を始めました。
「国民を守るには他に方法がなかった」と。
ヤコブ書には「戦争は欲望があるからだ」と
書かれています。しかし、私たちの罪のために
イエス様は十字架にかかり、贖われたのです。
隣国・隣人のために祈ろうではありませんか。

 

過去からの解放 2022年10月16日

ヨハネ4章1~42節
説教者:カギワダベン牧師

先週に引き続きサマリアの女性の出来事から。
イエス様に会い、人目を避けていた女性が
人前に出ていき、リバイバルが起こりました。
私たちは人を傷つけたこと、傷つけられたこと
消したい過去は沢山あるけどそれらは消えません。
でもキリストが心に入る時、心は変わるのです。

 

満たされないのはなぜ? 2022年10月9日

ヨハネ4章13~14節
説教者:カギワダベン牧師

当時ユダヤ人とサマリア人は嫌い合ってましたが
イエス様は女性に会うためサマリアを通りました。
彼女は人目を避けて井戸に来ていたが、イエス様は
彼女が5回結婚・離婚を繰り返したと当てました。
彼女の心が満たされた時、彼女も街も変わりました。
その神様が今も私たちを支え続けているのです。

 

千載一遇のチャンス 2022年10月2日 世界聖餐日

ルカ18章35~43節
説教者:カギワダベン牧師

(冒頭に佐々木えりかさんの証しがあります)
当時「ダビデの子」というのは「救い主」と
同じ意味です。それを大声で告白するのは
パリサイ派などから目をつけられ、今後
生きていけなくなるかもしれない賭けでした。
「あなたの信仰があなたを救ったのです」
私達は、チャンスをものにしてるでしょうか?

 

新天新地 2022年9月25日 墓前礼拝

ヨハネの黙示録21章1~8節
説教者:カギワダベン牧師

アメリカでは墓地は公園のようにきれいですが、
死は終わりではなく、永遠に繋がるものだからです。
いわゆる天国(パラダイス)は言わば「待合室」で
いつかこの世界は終わり、「新天新地」になります。
その世界では神がそばにいて、悲しみもありません。
今はありのままの姿で、神様を愛し歩みましょう。

 
1 2 3 19 »

年別アーカイブ

PAGETOP