千葉県旭市のプロテスタントのキリスト教会

メッセージ音声

  • HOME »
  • メッセージ音声

※過去のメッセージはYoutubeページでも聴くことができます。また各メッセージの要約をPDFでダウンロードできます。ぜひご利用ください。

一つの信仰、一つのからだ 2022年1月23日

エフェソ4章4~6節
説教者:鍵和田 哲男牧師

「わたしは天国、あなたは極楽浄土」
みたいな感覚が日本ではありがちですが、
聖書は「真の神は一人です」と書かれています。
私たちに働く聖霊も同じですし、信仰も一つです。
神様が愛し赦された、その心をもって互いに接し、
一つの教会になっていけますように。

 

霊による一致 2022年1月16日

エフェソ4章1~3節
説教者:鍵和田 哲男牧師

教会とは建物のことでなく、神様を称える人の
集まりのことです。人が集まる以上は
譲り合う必要がありますが、なかなか難しい。
悪霊に惑わされず、平和の絆ができるには
私たちの力ではなく、聖霊による一致が必要です。
聖霊に聞いて歩いて行こうではありませんか。

 

栄光は神に 2022年1月16日

エフェソ3章20~21節
説教者:鍵和田 哲男牧師

もし私たちが、自分自身だけの最善を求めていたら
世の中はめちゃくちゃになってしまいます。
初代の教会に集う人のほとんどは、奴隷の立場でした。
それでも教会を通して、神の栄光があらわされました。
私たちもそのおかれた場所で、神を見上げて
神様に栄光をお返ししつつ、歩んでいきましょう。

 

キリストに結ばれている者として 2022年1月2日 年初礼拝

ローマ8章1節
説教者:鍵和田 哲男牧師

イエス様と同じくびきを負うということは、
同じ畑を耕すのにもイエス様が共にいて下さり、
同じ方向を向いて歩んでいくということ。
日本語の「恩」の概念に近いかもしれませんが、
主を信じる者が誰でも罪赦されるわけですから、
その喜びと感謝の中、一年歩んで行きましょう。

 

選ぶべきもの 2021年12月26日 年末ファミリー礼拝

マタイ2章1~12、16節
説教者:鍵和田 百合子牧師

同じお子様ランチを見ても、カニ太郎君は喜び、
カニ蔵くんは文句ばっかり。
同じものを見ても、人によって反応が違います。
救い主の誕生を知って、会いに来た博士たちと、
殺そうとしたヘロデ王。同じものを見ていて、
私たちはどちらの歩みをするでしょうか?

 

2021年イブ礼拝 2021年12月25日 燭火礼拝

説教者:鍵和田 哲男牧師

誰もに公平に来ること、それは「1回死ぬこと」です。
死んだあと、私たちはどうなるのでしょうか?
電車に乗る時、行先を知らずに乗ることはありません。
今から約2000年前、イエスキリストがこの世に来られ、
私たちのために十字架で命を捨てて下さいました。
あなたも本当のクリスマスを迎えませんか?

 

変えられた心 2021年12月19日 クリスマス礼拝

ルカ2章15~20節
説教者:鍵和田 哲男牧師

私たちはみんな生きるために産まれたけど、
一人だけ死ぬために産まれた方がいました。
その救い主に出会ったから、何も状況は変わらないのに
羊飼いたちは喜んで帰っていきました。
私たちもイエス様が心の中にいるクリスマスを
迎えようではありませんか。

 

天には喜び、地には平和 2021年12月12日

ルカ2章13~14節
説教者:鍵和田 哲男牧師

「信じるだけで救われるっておかしくね?」
「信じないと救ってくれないっておかしくね?」
でも神様は、私たちをロボットとして作った
わけじゃなく、逆に修行によらないと救われないと
したわけでもありませんでした。その神様を喜び、
喜ばれるものとなってクリスマスを迎えましょう。

 

大きな喜び 2021年12月5日

ルカ2章8~12節
説教者:鍵和田 哲男牧師

メシアが産まれると聞いた羊飼いたちは、
元の環境と何ら変わりない場所に戻りましたが、
非常に大きな喜びの中帰りました。
本当の喜びは環境で変わるものではありません。
あなたを愛して来てくださったイエス様を
覚えるクリスマスを過ごしましょう。

 

部屋は空いていますか? 2021年12月5日 ファミリー礼拝

ルカ2章1~7節
説教者:鍵和田 百合子牧師

聖書の劇で、宿屋の主人役になったクリス君。
宿が空いてないと伝え、しょんぼり帰っていく
マリアとヨセフに、セリフにないはずなのに
「僕のうちにおいでよ!」と言ってしまいます。
今日からアドベント、私たちもイエス様を
心にお迎えする1か月を過ごしましょう。

 
1 2 3 15 »

年別アーカイブ

PAGETOP