千葉県旭市のプロテスタントのキリスト教会

メッセージ音声

  • HOME »
  • メッセージ音声

※過去のメッセージはYoutubeページでも聴くことができます。また各メッセージの要約をPDFでダウンロードできます。ぜひご利用ください。

相続者となっている 2021年5月16日

エフェソ1章11~12節
説教者:鍵和田 哲男牧師

「今がよければいいんです」と言われる
クリスチャンもいます。
でも神様は、私たちを相続者とされています。
私たちの希望は、失望に終わることはありません。

 

わたしたちは一つ 2021年5月9日 母の日礼拝・女性祝福式

エフェソ1章8~10節
説教者:鍵和田 哲男牧師

大きな地震が来ても崩れないお城の塀。
ただ積み上げたばかりのレンガ塀と違うのは
大小不揃いの石を組むように積んでいるから。
教会にもいろいろな人がいますが、洗脳的でなく
多様性があってこそ強い教会となるのです。

 

選ばれている・赦されている 2021年5月2日

エフェソ1章4~7節
説教者:鍵和田 哲男牧師

神様の救いは、「あーこの人も救っとくかー」
といったたぐいのものではありません。
私たちはどうして、救われるのでしょうか。
救われた後私たちは、どのように歩むのでしょうか?

 

信じるってどういうこと? 2021年4月25日 ファミリー礼拝

ヨハネ11章40節
説教者:鍵和田 哲男牧師

「信じる」には2つの意味があります。
学校に呼び出された時、「うちの子に限って」と
思うのは、自分の子供を信じているから。
「信じる」ということが、本当の意味で神様と
生きていく、になるにはどうしたらよいでしょうか?

 

祝福に満たされている 2021年4月18日

エフェソ1章3節
説教者:鍵和田 哲男牧師

エフェソ1:3には原語で「祝福」が3回出てきます。
エフェソの教会はアルテミスの神殿より小さいけど
神様の祝福があるとパウロは語っています。
コロナで礼拝に集まれなくても、その背景にある
神様の計らいに目を止めていきましょう。

 

みこころによって 2021年4月11日

エフェソ1章1~2節
説教者:鍵和田 哲男牧師

コリントの教会にも「パウロなんか使徒じゃない」と
いう人がいました。人の評価ではありません。
私たちも、神様のみこころによって、礼拝に出ています。
家庭や職場で、クリスチャンは自分だけだったとしても、
そこが祝福されるために、神に仕えていきましょう。

 

復活の証人 2021年4月4日 イースター礼拝

使徒言行録2章32節
説教者:鍵和田 哲男牧師

ニワトリが鳴く前に3度「知らない」と言ったペテロ。
そのペテロがどうして力強く語るようになったのか。
証拠も聖書もないけど、あったのは体験でした。
私たちも、何が優れているからではなく、
イエス様の証人として歩んでいこうではありませんか。
(動画を撮れなかったので、静止画に音声をつけています)

 

主イエスの十字架 2021年3月28日 ファミリー礼拝

ルカ23章32~47節
説教者:林部 太郎牧師

死を目の前にした時の一般的な反応は、
死にたくないーとじたばたするか、
チクショーと怒るか、がっくり鬱になるかです。
でもイエス様は死ぬことを受けれいていました。
イエス様の十字架は、私たちにとって
どのような意味があるでしょうか?

 

聖と俗を区別する 2021年3月21日

レビ記10章1~7節
説教者:林部 太郎牧師

「サバの味噌煮にしようか、塩焼きにしようか」
そういうことを神様が求めているわけではありません。
カルトに気をつけないといけない今、本当のカルトとは?
私たちの立ち位置は、私にしか決められません。
私たちと神様との関係は、どうなっているでしょうか?

 

幕屋建設の命令 2021年3月14日

出エジプト40章1~16節
説教者:林部 太郎牧師

10年後に牧師が5分の1になる「2030年問題」。
ホーリネス創成期の車田重治先生は朝の祈りの時に
ワイシャツとネクタイ姿でお祈りをしました。
私たちも神と出会うとは、十字架のキリストを
受け入れるとはどういうことか考えさせられます。

 
« 1 2 3 12 »

年別アーカイブ

PAGETOP